商品詳細

写真につき多少の相違はご了承下さい。尚、装飾品は含まれませんのでご注意下さい。

サインエリアキャノピーRX-R3

数多くのトップチームが採用する圧倒的なパフォーマンス!
鈴鹿8時間耐久レース、全日本ロードレースでは圧倒的なシェアを誇るピットサインエリア用のテントです。

※注意事項※
■強風、大雨、大雪など悪天候時は使用しないでください。
■ご使用毎に各部ネジ、部品にゆるみや破損がないかよく点検してください。
もし不具合を発見した時は使用せず、販売店に修理を依頼してください。
■設営後はただちに付属の固定具で必ずしっかりと固定してください。
■天幕は必ず全ての止め具でフレームにとめてください。
■天幕に雨水などが溜まりだしたら、すぐ取り除いてください。
■夜間など長時間テントから離れる際は、必ず折りたたんで安全な場所に保管してください。
■設営、撤収時は必ず手袋などをして行ってください。
■設営するときは必ず大人2人以上で行ってください。
■フレーム可動部やジャバラ部分で指等を挟まないように注意してください。

※選択項目が2つある場合は、上段から選択してください。

  • サインエリアキャノピー:
  • 名入れ有無※上記生地色をご決定の上、お選びください。:

157,356~192,240 円(税込)

数量

カートに入れる

鈴鹿8時間耐久レース、全日本ロードレースでは圧倒的なシェアを誇るピットサインエリア用のテント
全日本選手権が開催される全てのサーキットで使用できます。

■屋根のないプラットホームに素早く簡単に屋根が作れます。
■ワンタッチテント式一体構造なので設営、撤収が簡単。
■専用クランプ付きなのでガッチリ固定できます
■キャリーバッグ付きなので持ち運びもラクラク。
■ロゴプリントを入れることで観客、メディア、スポンサーへのPR度アップ。
■コンクリートウォールのある世界中ほとんどのレーシングコースのプラットフォームで使用可能。

※ターポリン天幕カラーは基本単色です。ツートーンなど多色の場合は別途お見積りとなります。
※全面へのデザインをご希望の場合は「フルデザイン天幕」をお選びください。
※名入れ・ロゴプリントは都度お見積(有料)となります。
※こちらの商品は無料名入れは適用できかねます。
 予めご了承願います。


【ご注文についてご確認願います】

※こちらの商品は、受注生産品に付き正式ご注文頂き、
 決済完了後、(お振込みによるご入金確認後)約1ヶ月程度のお時間がかかります。
※こちらの商品は受注生産品となりますので、代引きでのお取り扱いはできません。
※名入れ・ロゴプリントは都度お見積(有料)となります。
※こちらの商品は無料名入れは適用できかねます。
 予めご了承願います。
サインエリアキャノピーRXR3は国内外の様々サーキットでご使用いただけます。

■ピットサインエリアキャノピーRX-R
 使用(取り付け)可能サーキット

○スポーツランド菅生(宮城県)
○ツインリンクもてぎ(栃木県)
○FUJIスピードウェイ(静岡県)
○鈴鹿サーキット(三重県)
○岡山国際サーキット(岡山県)
○セントラルサーキット(兵庫県)
○CP MINEサーキット(山口県)
○オートポリス国際レーシングコース(大分県)
○十勝スピードウェイ(北海道)
○セパン(マレーシア)

上記は取り付け・使用確認済みです。
その他のサーキットでの使用・取付けにつましては弊社までお問い合わせください。
サインエリアキャノピーRXR3は国際規格サーキットでも取り付け実績がございます。
例:鈴鹿サーキット

■フェンスBタイプ(1~11番ピット前まで)
ウォールクランプのアルミ円盤をフェンス網の目から通して、ウォールを挟み込みます。
(もし通しにくい場合はアルミ円盤を取外して固定してください)

■フェンスAタイプ(11番ピット前から1コーナー方向)
フェンス枠下側の角パイプを挟み込みます。
風のある日は設営を控えてください。
《フレーム概要》
サイズ:横210cm×奥行き171cm
高さ:約211cm~247cm ※9cm毎/5段階
間口:170cm~206cm ※9cm毎/5段階

素材:アルミ製
表面:シルバー
支柱太さ:33mm角(インナー:25cm角)

重量:12.9Kg(フレーム:10.0Kg+天幕:2.9Kg)

《天幕概要》
サイズ:横210cm×奥行き171cm×高さ41cm
タレ:深さ約15cm/19cm
前面勾配面:約43cm
後面勾配面:約121cm

素材:ターポリン生地製
カラーバリエーション:基本色9色
<ホワイト/ブルー/レッド/イエロー/グリーン/ライムグリーン/オレンジ/シルバー/ブラック >
※その他の色味や多色なども承りますので、お気軽にお問い合わせください。
《ターポリン(防水幕)》
ツルツルとした質感のターポリン生地は【ポリエステル繊維基布(織物)】を【ポリ塩化ビニル(合成樹脂)】で両面コーティングした、特に防水性能が高い材質です。
※英語では「tarpaulin」と表記し広い意味では【防水布】の総称となります。
生地自体にカラーバリエーションがあり、高い防水性と耐光性から長期の屋外使用でも退色しないのが大きな特徴です。
なお、ロゴプリントは専用シートの熱圧着式となります。
単色プリントもフルカラープリントも対応可能です。

《フルカラークロス(軽量織生地)》
サラサラとした質感のクロス生地は全面フルカラーインクジェットプリントにて製作することからデザイン自由度が高い材質です。
※イラストレータデータ(ai)をご入稿ください。
また、ターポリンに比べ軽量なため運搬・設営・収納が容易ですが、引き裂き強度に関してもターポリンよりも強い材質です。なお、防水性に関しては使用状況・年数によって低下することがございます。
再撥水加工もおこなっておりますので、低下した際はお問い合わせください。
【設営方法】
※注意 設営は必ず2人以上で安全な場所で行ってください。

①フレームを少し広げ、壁などに立てかけ天幕をかぶせます。
②さらにフレームを広げ、左右のブラケットをロックします。
 ロックできるとフレームのロック穴にロックピンが「パチン」と入ります。
③テント前部(張り出し部)のフレームをブラケットに接続します。
 (ロックピンを引いた状態でフレームをブラケットに差し込みます)
④天幕前タレ部のポケットにステーを差込みます。
⑤スイングバーをのばし、ブラケットを反時計回りに90度回転させ、
 センターフレームをブラケットに③と同様の手順で接続します。
⑥スイングバーに振れ止めブラケットを付属のノブボルトで固定します。
 ノブボルトは少しづつ、均等に締めていってください。
⑦マジックテープ2ヶ所、バックル2ヶ所、フック12ヶ所でフレームにとめます。
⑧足を伸ばして高さを調節し、コンクリートウォールにウォールクランプで支柱を固定します。

【内側面が垂直の場合】
直付け:
クランプのスライドホルダー部分を支柱ごとコンクリートウォールに密着するまでスライドさせてからハンドルで締めこみます。

【内側面が傾斜している場合】
アタッチメント使用:
支柱とクランプをアタッチメントで固定しクランプのスライドホルダー部にプレートをかませ、コンクリートウォールに密着するまでスライドさせてからハンドルで締めこみます。

※天幕にたるみがある場合
天幕マジックテープ部を下方向に引っ張って、天幕のたるみを取るようにしてとめていただくと見栄えがきれいになります。

《収納は設営時と逆の手順で行ってください》
*天幕はフレームから取り外し、たたんで保管してください。
(フレームと一緒にたたみますとシワになることがございます)
*雨で濡れた場合は日陰で乾かしてから保管してください。
【内容物について】
本商品は下記一式を1セットとして販売しております。
① 本体フレーム x1
② 天幕 x1
③ ウォールクランプ x2
④ アタッチメント x2
⑤ プレート x2
⑥ 張つな x2
⑦ 取り扱い説明書(本書) x1
⑧ キャリーバッグ x1
⑨ 振れ止めブラケット x1
⑩ FUJI新コース用延長ステー x1

【梱包状態について】
本商品発送の際は、内容物一式を付属の⑧キャリーバッグに収め、ダンポール1箱にて発送致します。

・梱包サイズ:約230mmx330mmx1610mm
・梱包重量:約23Kg