台風・強風対策のご案内


これまでの台風・豪雨および地震災害により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

被災された皆様と被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


『強風・台風』に備える

テントを使用する際に最も大切なことの一つが、「強風への対策」です。

今年は勢力の強い台風がいくつも上陸し、各地に大きな被害をもたらしました。
週末ごとに台風に備えて対策をされたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

万一の事態を回避し、より安全にテントを使用するための対策をご案内します!

ワンタッチテントをお使いいただく際には…

夜間など、長時間人のいない環境でテントを立てたままにしておくのは大変危険です。
しっかりと固定をしていても、テントは仮設のものであるという点をご理解のうえ、ワンタッチテントを安全・快適にお使いいただければ幸いです。

「危険」な強風の基準

気象庁の案内によると、平均風速が10~15m/sでは「傘がさせない・樹木全体が揺れ始める・電線が揺れる」状況となります。
これは、吹き上げる風の影響を受けやすいテントには大変危険な値です。
また、最大瞬間風速は平均風速の1.5~3倍が想定されるため、平均風速5m/sの天候でも厳重な注意が必要です。

強風の吹きやすい春頃や、台風の多い夏~秋にかけてはもちろんですが、その都度発表される「竜巻注意情報」などにもご注意下さい。

 

テント設営時の対策

テントを設営したら、必ず固定を!
シーンに合わせた器具・方法を選べば、しっかり固定できます。

1.ウエイトでの固定



鉄製ウエイトや注水式のウエイトを使ってテントを固定します。
一般的にスリット(切れ込み)が入っており、この部分に支柱を差し込む形でテントの足の上に乗せます。
さらにウエイトと支柱をロープで結べば、動きを防止できてより安心です。
場合によっては支柱にはめ込まずに、タイダウンベルトなどの張り綱をウエイトに掛けて固定することも可能です。

 

2.ペグでの固定


芝生やグラウンドなど土の地面ではペグをご使用下さい。
ペグとテントをタイダウンベルト等の張り綱でつなぎ、テントを固定します。
また、支柱足元の穴に直接ペグを打ち込むことも可能です。

 

緊急時の対応

事前の対策をしていても、突然風が強くなる場合があります。
そんな時はなるべく速やかな応急対応&撤収を!
※風で動き出したテントに近づくのは大変危険です。
万が一動いてしまった場合は安全な場所に退避して下さい※

1.横幕を取り外す

風が強くなってきたと感じたら、横幕を取り外しましょう。
幕があることで風がテントの中で吹き上がりやすくなり、転倒のリスクが高まります。
荒天が心配な場合は、横幕の固定をあらかじめ簡易にしておくことも良い対策です。

 

2.天幕を取り外す


弊社のクイックルーフシリーズの天幕(2015年以降モデル)には「TOC機構(特許技術認可済み 特許5436717号)」が装備されています。
天幕の角をマジックテープにしている本機能で、速やかに天幕のみを取り外すことが可能です。
急な天候の悪化で撤収をする際に、まず天幕をフレームから取り外していただけば、浮き上がり転倒のリスクを大幅に下げることが可能です。

関連製品ご案内

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。